週末農業で育てて楽しかった野菜ベスト5

かれこれ1年ほど週末に農業をしたのですが、とりあえず色々な野菜にチャレンジしたくて、思いつくままに色々と育ててみました。
週末農業の様子はこちらの記事から

育てた野菜

20150505108
ニンニク/タマネギ/ニンジン/ナス/トマト/ゴーヤ/ネギ/オクラ/ラッカセイ/ジャガイモ/バジル/ブロッコリ/ハクサイ/キャベツ/キュウリ/ハンダマ/ショウガ/トウモロコシ/カブ/サラダ菜/イチゴ/ピーマン/シシトウ/トウガラシ/レモンバーム/ミント/レモングラス/シロイモ/クロイモ
ほんと思いつくまま植えた感じです。

野菜は種類によって育ち方が全然ちがう

野菜は、早いものでは2週間、長いものでは1年と育つ期間にかなりの差があります。実のつき方も、土の中にだったり、背が高く伸びたり様々。なので、すぐ育ってガンガン収穫できる野菜や、異様に待ち時間が長い野菜など色々あります。
今回は育てていて楽しかった野菜をまとめてみました。

5位 サラダ菜

週末農業 初収穫

初心者向け 誰でも手軽に美味しく育てられる野菜No.1

畑を初めて一番最初に植えた思い出のある野菜が5位にランクイン。その名の通りサラダとして生で食べるととっても美味しい。
一番の特徴はなんといっても1ヶ月くらいで育つ成長の早さ。見た目もぐんぐん大きくなっていくので、収穫時期もわかりやすく、育っていく姿を見るのもの楽しいです。通年育つので、空きスペースにとりあえず植えることができるのも便利。
ただ注意するのは育ったらちゃんと収穫すること。育ちすぎると花が咲いて、ただのフラワー鑑賞になります。(よくやりました)

4位 ニンニク

週末農業ニンニク

焦らせすぎなニンニクを待つ姿はまるで、彼氏からのプロポーズを待つ彼女のよう

どんな料理にも使える万能野菜。買うと高いので自分で育てるとかなりお得。
この子成長が遅く収穫まで10ヶ月以上もかかります。時間はかかりますが、その間、どんどんどんどん芽が太くなっていくので、土の中のニンニクが今どうなっているか想像する楽しみがあります。しかも水も少なくてよく、虫もつかないので、ほぼ放置でOK。育てやすい。
収穫して乾かせば、1年くらい保存ができるので、毎日ニンニク料理が楽しめますよ。
我が家はいまでも毎日ニンニク摂取!もはぁ〜

3位 ミニトマト

週末農業トマト

勝手に大きくなって自分の重みで倒壊する。ちょっぴり手のかかるお茶目な子

ミニトマトはベランダでもよく育てる野菜ですね。
特徴は、なんといっても一週間ごとに5個くらい収穫できること。毎回畑にいくたびに収穫できるので楽しい。また、水で洗えば、その場ですぐ食べることができます。収穫したばかりのトマトはありえないほど瑞々しく、農作業後の疲れた体に染み渡って本当に美味しい。トトロでメイがおばちゃんの畑で野菜を食べるあのシーンが再現できます。いやー、ほんと甘いんですよ。
ひとつ欠点があるのは、彼ら支柱の支えなしでは自分の重みに耐えれないこと。しっかり支柱で支え、伸びすぎた芽を刈り取ってあげたり少しだけお世話する必要があります。

2位 ニンジン

週末農業ニンニク

パッと植えてパッと育つ、空気をちゃんと読んでる子

種から育てるので安く、大量に植えることができます。
割と頑丈で、植えた場所からガンガン生えてくるのが爽快。うまいこと間引きすると、目に見えて成長が早くなったりして、お手入れするのが楽しい野菜です。育ったニンジンを抜く瞬間も、毛穴の汚れを抜くような爽快感があります。

1位 ゴーヤ

週末農業ゴーヤ

彼らは自由を求めて畑という大海へ旅立った

とっても生命力の強い野菜。
太陽を求めてひたすら、ただひたすらツルを伸ばしていきます。「そんな所まで伸びるの?」ってくらい、貪欲に伸びていくので思わず笑ってしまいます。そして、その伸ばしたツルからランダムにゴーヤがなります。生い茂る葉の中の、どこに実がなったか見つけるのは難しく、宝探しのような楽しさがあります。こちらも週に1個くらい安定して収穫することができます。週に1度宝探しゲームができるワクワク感
ただ油断すると他の野菜を侵食するので、気をつけましょう。
2015年は特に野菜が高価だったので収穫したゴーヤーが大活躍でした!

まとめ

1〜5位にあげた野菜よく考えると、全部虫につよい野菜です。やっぱり育てるのが楽っての一番強いのかもしれません。
でも何よりも1位〜5位は私の大好物だったことが、育てて楽しかった理由かもしれません。
やはり好きな食べ物を育てることが、畑を続けていけるモチベーションになっているのかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
« »

デザインとカメラとロードバイクと畑

© 2017 cowcow blog