Appleの審査で「アプリの説明用スクリーンショットに実際の画面がない」という理由でリジェクトされた

今、朝活としてiOS向けアプリを作っています。
その名も「おしえてポン」。パーティーゲーム向けのジェスチャクイズアプリです。リリースは2年前くらいで、1年くらい放置気味でした。しかし最近、ちゃんと更新していった結果。ゲームの単語カテゴリーで30位まで食い込みました。継続はなんとやらです。

Appleの審査基準が変わった

そういえば最近、Appleの審査がとても早くなりました。
【朗報】App Storeの審査期間が2日以内に短縮されることに デベロッパーのアプリ制作期間の大幅な短縮に
開発してる側としては、熱が冷めないうちにアプリがリリースされるので大歓迎なのですが、それと同時に審査基準も少し変わったようです。

今までずーっとOKだったことが、突然リジェクトされるケースが何回かありました。その一つが「スクリーンショットに実際の画面が入っていない」という内容でした。

アプリの説明用スクリーンショットに実際の画面なくリジェクト

Appleから来たメッセージはこちら

We noticed that your screenshots do not sufficiently reflect your app in use.
Specifically, your screenshots do not show actual footage of the app. We’ve attached the irrelevant screenshot(s) for your reference.

Next Steps
Please revise your screenshots to ensure that they accurately reflect the app in use.

超意訳するとこんな感じです。

スクリーンショットがアプリの内容をちゃんと表現できてないよ。
具体的に言うと、スクリーンショットにアプリケーションの実際の画面がないよ。ダメだったスクリーンショットを添付するから参考にしてね。

解決方法
アプリケーションの実際の画面が入ったキャプチャーに変更してね。

NGだったスクリーンショット

oshietepon-reject-ng

作っているアプリが遊び方が少し特殊なので、操作説明を中心にしたデザインにしました。確かにアプリの実際の画面はありません。

OKだったスクリーンショット

oshietepon-reject-ok
2枚目と3枚目に実際のスクリーンショットを合成したところ審査を通りました。全部の説明画像に実際のスクリーンショットがなくてもOKのようです。
こんなところもチェックするんですね。。。

おしえてポン

子供や家族・合コンなどみんなで遊べるように作ったゲーム。
頭の前にかざして、見えない単語を周囲からヒントをもらって推測します。子供から大人まで遊べるように様々なテーマを用意しているので、よかったらダウンロードしてみてください。

osietepon-banner
「おしえてポン! みんなでジェスチャー・パーティーゲーム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
« »

デザインとカメラとロードバイクと畑

© 2017 cowcow blog